季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

夏休みの課題 氣の先生を訪ねる

CA3G01650001.jpg
2年ぶりに氣の先生にお会いしました。お話の中で特に心に残ったこと。

「人々が求めるもの、人々に必要なものが
邪気を払う=「出」による癒やしから
愛で満たす=「入」という癒やしへと
変わってきた」

「精神世界や高次の世界については
テレビや本でも語られるようになってきたが
それらにばかり意識を向けていては
人間としてのバランスを欠いてしまう
まずは大地にしっかり根をおろして
現実の世界で生きること」


こうして、夏休みの課題は日々の課題となりました‥‥

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック