季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

枇杷が実る庭

CA3G01890001.jpg
実家の小さな庭には、父の道楽で実のなる木が所狭しと植えてあります。
枇杷の木は叔母が投げた種から育ったのだそう。
こどもの頃、時期がきて食べ頃になった実を脚立に登って取って食べました。
夢中になっていくつも皮をむいているうちに、
指の先も爪のまわりも黒くなってしまったことを思い出します。
小さいものも大きいものも甘くて瑞々しくて。
さくらんぼに次いで大好きな果実です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック