季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

シュトックマーのみつろうクレヨン

CA3G01710001.jpg
こども園で出会ったシュトックマーのみつろうクレヨン。
幼児期に与えられたのは長方形のブロッククレヨンでした。大空はクレヨンの側面を、バッタの足は角を使い、それはそれは上手に描いていきます。使い込んだクレヨンたちはもう指の一部なんじゃないかと思うほど。
学校に入って、先生から待ちに待ったスティッククレヨンをいただいてからは、さらに一心に画用紙に向かっています。

真っ先に短く、小さくなるのは女王様の朱色。ちょっと驚き、そしてこの個性を愛おしく思います。
(女王様=スティック、王様=ブロック)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック