季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

自然なこと、とはいうものの…

CA3G01590002.jpg
深夜に爪を切っていると、ぐらっと揺れました。
地震が去ってひと安心した瞬間、さっきまで心地よく響いていたカエルの歌が止んでいることに気づきました。
ほんの少しの間静まり返っていましたが、30も数える間にはまたもとのようにカエルの歌が聞こえてきました。
それは自然なことなのですが、その場に立ち会ったのは初めてで、静かに感動しました。
地球の異変をカエルたちが感じ、わたしが感じた、ということに。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック