季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

野良仕事 さつまいもの植え付け

CA3G01540001.jpg
朝から空を覆っていた厚い雲。窓の外が気になるのは、3度目となる今年のさつまいも作りのはじまりを午後に控えていたから。
こどもを学園に迎えに行き、その足で友人宅へ。古民家の脇に広がる畑の一角を貸してもらい、久しぶりの野良仕事です。耕すことはしません。平らな大地にシャベルを入れて溝を掘り、掘った土を盛って畝にします。枯れ草も青い草も混ざった野生的な畝を2つ作り、22本の苗を植え付けました。
丸々したてんとう虫がさつまいもの濃い緑いろの葉の縁をいそいそと這う様子を眺めていると、ポツンと雨粒が落ちてきました。
雨の予報は聞いていたけれど、植え付けした後に降り出すなんて。いつもいつも、何かしらに後押しされているわたしの日々です。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック