季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

田舎の幸

CA3G01500001.jpg
月に一度、田舎からダンボールがひとつ届きます。季節のもの、いただきもの、約束したもの、懐かしいもの、目新しいもの… 開封するのが楽しみなのはわたしも負けていないのですが、その役目はこどもに譲っています。
こどもは約束した「ピンセット」に飛びつき、今日、お散歩道で拾ってきたアシナガバチの調査を始めました。そして「おばあちゃん家ってなんでもあるんだね。すご〜い。」とこぼします。
こどもには、約束したものを家中探すおばあちゃんや、ホームセンターをハシゴする伯父の姿が浮かばないのでしょう。呑気なものだなとおかしくなります。

畑を始めた母が初めて作ったという、それはそれは立派な玉ねぎ。そして、この季節の果物といえば日向夏。

美味しく、ありがたく、いただきます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック