季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

楽しいに決まっている、3月

CA3G00450001.jpg

逃げ月。

言葉の通り、瞬く間に過ぎていきました。

明日から3月です。

そして4月になればこどもは2年生。

学校に上がって、
フォルメン(形)、ひらがな、カタカナ、数、漢字に出会いました。

帰ってくるとクレヨンを取り出し、
習いたてのあれこれを力強く書いています。

はじめに習った漢字は

「光」。

B4の画用紙いっぱいに、黄色いクレヨンで、
まさに光がその中心から放射しているさまを描いていくと
「光」が生まれたのです。

方眼用紙に鉛筆で小さな「光」を書き連ねたわたしのこども時代が蘇ります。

わたしはこの子のように、ひらがなや漢字を書くことを楽しんだだろうか…。

カラフルな3月になりそうです。

立派な鳥居、掃き掃除をする小僧さんに飛ぶ鳥という構図は、
昔話を聞いて育ったためか、お散歩で神社に行くためか…。

いずれにしても素朴な環境で生きていることは確かです。

それがわたしの望みでもあります。



JUGEMテーマ:フォト雑貨



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック