季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

温かい朝

CA3G00290001.jpg
日曜日の朝。

8時を知らせるエーデルワイスを布団の中で聞きました。

パジャマのままお絵描きか手あそびか…をしているこどもの

「おなかがすいた〜」

の声にようやく起き上がり、
わたしもパジャマのままホットケーキを焼いていると、

「お母さんあげる。」と白い包みを手に恥ずかしそうにやって来たこども。

「片付かない!」
「お弁当にお箸を入れ忘れた!」
何かと口うるさい母です。

もっと違う伝え方があっただろうにと反省ばかりしています。
時にこどももしょげています。

それでも(この子の気質もあって)
3歩あるけば「お母さん!」と笑顔を見せるこの子。

わたしにないものを持ち、日々わたしへ「課題とその解決策」を提示してくれる存在です。

わたしを選んでわたしの元に降り立ったこの子の使命のひとつは、母親教育なのですね。

包みの中身は内緒です。

母親であるわたしの特権。
JUGEMテーマ:朝、、、楽しい

コメント
コメントする