季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

春を告げるもの 雨ニモマケズ‥‥

CA3G00190001.jpg
ふきのとう発見!
春です。大地にようやく顔を出した、優しい黄緑色の蕾。生命そのものです。
植物はすごいな、と思います。寒さにも暑さにも屈せず、誰にかまわれるわけでもなく、淡々とその生命をつないでいくのですから。そして動物やわたしたち人間にその生命を差し出すのですから。
ふと、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を思い出しました。賢治が「サウユフモノニ ワタシハナリタイ」と指したのは、植物のようだと。
「雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク
決シテイカラズ
イツモシヅカニワラッテヰル‥‥」

ありがたいことに丈夫ナカラダには恵まれています。欲と怒り‥‥これはなかなか大きな課題です。心の内がどうであれ、まずは微笑んでみるとしましょう。

コメント
コメントする