季節をたのしむ、暮らしをたのしむ

イチゴ

CA3G0504.jpg
たくさんのイチゴが実っています。
ナメクジの分け前を確保しておくと
私の分け前も確保されます。

sweet spring


大好きな、さくらんぼ

CA3G02030001.jpg
実家の庭にあるのは実のなる木ばかり。
年に何度か開催される植木市に出かけ
父がひとつひとつ増やして育てたものです。
物心ついた頃にはもう玄関前に佇んでいたさくらんぼの木。
小さな緑色の実がしだいに膨らんで赤くなり始めると
脚立やブロック塀に登って摘んで食べました。
ある夏の台風で倒されてしまったと聞き知ったとき
帰省してその事実を目の当たりにしたとき
予想もしなかった大きな喪失感を味わいました。
わたしの中の、あの木の存在感の大きさを知りました。

顕在意識のもとで(半ばぼんやりと、でも確かに)
植物の中に在る生命体を感知した、
初めての体験だったように思います。


受容のための祈り

CA3G01650001.jpg
パチン! (睡眠術を解くために鳴らす指の音)
震災後に届けられた言葉を耳に口にするたびに、パチン!パチン!と響き、脱皮するように脱力状態から呼び戻されています。『来るべきものは、そうあるしかなく、それは何らかの方向において良き働きを待つはずだ』という認識のしかたを、今一度わたしの中心に据えます。どんな揺れにも乱されない、柔軟で恒久的な在りようとして。



受容のための祈り

何が来ようとも、
次の時間、次の日が私に何をもたらそうとも、
とりあえず私にはそれがなんであるのかわからないとしても、
不安や恐れによってそれを変えることはできない。
私はそれを完璧なる内的な魂の平静によって、
完全に海のように静かな心情とともに待ち受ける・・・・。
私たちの進化は恐れと不安によって妨げられ、
不安と恐れの波によって、
未来から私たちの魂に入ってこようとするものを退けてしまう・・・。
出来事において神的叡智とよばれるものに帰依すること。
来るべきものは、そうあるしかなく、
それは何らかの方向において良き働きを待つはずだという、
考えと感情と心情生活の力を繰り返し自分の中に呼び起こす事。
この気分を魂の中に呼び起こし、
それを言葉と感情と理念において生き抜くこと、
それが受容のための祈りの気分である。

ルドルフ・シュタイナー

花かんざし

CA3G02980001.jpg
一目惚れした、小さくて愛らしいこの花。
花びらはまるで薄い和紙のような質感で
わずかな春風にもかさかさと揺れています。



季節外れのクリスマス

CA3G02990001.jpg
去年も今年もこの時季に咲きました。
控えめな花の色、そのかたちが大好き。

クリスマスローズ 原種系 ステルニー
(キンポウゲ科 ヘレボレス属)



初たより回想録 『アルジャーノンに花束を』をプレゼントしてくれた友人

081221_0739~01.jpg
16年前の秋にナンシーというフランスの田舎町で出会った彼。
フランス語を学びに来た中国人だと思っていたら、
フランス語を学びに来た流暢な中国語を話す日本人でした。
宮崎弁と中学英語とNHKフランス語がすべてだったわたしは
未知なるSyuちゃんの頭の仕組みに感心しきり。

美しい場所、楽しいこと、美味しいもの、を知っていて
表情も、話し方も、立ち居振る舞いも穏やかで、
進むべき道の選択には迷いも間違いもない。
ひとりを好むわたしの遊び相手となりえたのは
彼の安定感が心地よかったからだと、今わかります。

帰国後のある日プレゼントしてくれた『アルジャーノンに花束を』。
久しぶりに手に取り、半身浴をしながら読みふけりました。

元旦に届いた年賀状には、新しい生命を見つめる父子の写真が。

Syuちゃん、こどもたちはあなたの在りようから
世界は美しく喜びに満ちていることを体験するのでしょうね。


観音籤

CA3G02880001.jpg
笠森観音に初詣に行きました。

観音籤 第六十九番 凶

願望…叶いにくいでしょう
失物…出にくいでしょう
待ち人…現れないでしょう
旅行…やめましょう
結婚・付き合い…悪いでしょう

かえって気持ちのよいお告げに、
「諸事控えめにして慎む」
という、今年の在り方を決心しました。
明日から仕事初めです。
控えめにいきたいと思います。



初たより回想録 旅する友人

CA3G02790001.jpg
『ブログの更新待ってます』
元旦に届いた年賀状に見つけたその整った文字は、
日光浴と半身浴をしながら読み返している
『アルジャーノンに花束を』に挟まっていた
ピンク色の付箋紙に書かれた文字。

『改札(ひとつ)でて右側の
     階段おりて
   ロータリーがある.
  車で、(コン)    』

休日だったあの日、彼女の住む町を訪ねました。
卵焼きの美味しいお蕎麦屋さんに行きました。
水車を思わせる塔の周りに咲いていたのは
何色のなんという花だったかな…

旅を愛する友人の行った先々でのエピソードや写真、
持ち帰ったレシピをつまみに飲み食いした日々を
懐かしく思い出します。

マッシュルーム買いに行こう。

| 1/10PAGES | >>